1年契約★カンボジア現地スタッフ募集

シェムリアップにオープンする予定のはちどりグッズ販売店の運営、週1~2回はちどりプロジェクトが支援するプレイキション村とトマイ村に行っての活動、SNSをつかっての活動報告などが主な仕事です。

 
HPのはちどりプロジェクトとはを読んで頂き、その左側のはちどりの活動や思いを紹介したページもご覧頂き、共感頂けた方は
megu.hachidori@mgial.com 宮手宛にご連絡ください。

海外で活躍してみませんか?

カンボジアで2019年4月から1年契約で働いてくれる仲間を募集しています。短期間しか、カンボジアに来れない方は、インターン生として現地で活躍してみませんか?

誰かのために、何かをしたいを形にしてくれた仲間たち

浅利章太

紙漉き工房建設に参加後、はちどり短期現地スタッフとして活躍。
ボランティア経験や、長年培ってきた野球を生かし、2015年よりJICA日系社会ボランティアアルゼンチン野球隊員として2年間活躍。現在は日本で少年野球の指導員として活躍。

西館真衣

大学生のとき、はちどりスクールの学校建設に参加。
その後、初代カンボジア現地スタッフとして活躍し、紙漉き産業のスタートをつくりあげた。現在は帰国し札幌に戻り、デザインを学び、デザイン関係ではちどりプロジェクト理事として活動を支え続ける。


橋本沙耶香
2015年10月より1年間現地スタッフとして活動。前職の教員としての力を発揮し、はちどりスクール初の卒業式を成功させる。任期終了後も、すっかり魅了されたカンボジアのために自分のできることをしたいと帰国せず、現在は、かものはしプロジェクトにて活躍中。

 

山本奮
はちどり学校建設参加後、2014年から3年間ラオスでJICA事業を実施するNPOに所属。プロジェクトでは、木工職業訓練校を開校し、トレーナー育成、・マネージメント指導などを行っていた。一度帰国し再びラオスで活躍中。現在もはちどりプロジェクト理事として、はちどりの活動にも従事。

 


はちどりプロジェクトで今活躍しているスタッフや従業員、はちどりプロジェクト代表の紹介はこちらよりご覧ください。

 

はちどりプロジェクトの目指すところ

目指すは、カンボジアからの撤退!!!
一生支援し続けることはできない。「カンボジアが支援のいらない国」と本気で取り組んでいます。なので、目標を達成させ、はちどりの撤退を目指しています。

あなたにしてもらいたいこと

*定期的に、はちどりプロジェクトが支援している村に行き、6年前にはちどりプロジェクトが建設した小学校の状況や、運営している紙漉き工房の運営サポート。

また、紙漉き工房でつくられた商品をシェムリアップのナイトマーケットにて販売。

*有給スタッフは1年契約。契約更新あり。生活費程度のお給料ですが、賞与・渡航費・従業員住居・バイク・海外旅行保険など完備

お問い合わせは下記メールアドレスまで
お名前とお電話番号をお知らせください。
こちらから連絡させて頂きます。
megu.hachidori@gmail.com